HULAと虹のこと

hulatoniji.exblog.jp
ブログトップ

はじめまして。

ハーラウ・フラ・オ・カーマウ・ラウリイ代表 
Hiroko Kapuamakamae Morikawaです。
Halau Hula O Kamau Lauli'i の最新情報はこちら→


★HPができました!続々と更新中です。→http://klaulii.moo.jp/index.html

facebook⇒いいね!お願いします

ALOHA! このたび、フラに関する思いを綴るブログを始めましたー!

HULAに憧れていた10数年前。
そして思うようにレッスンに出られなくて、やめようかと悩んだ時期。
だけどやっぱりやめられなくて、今や自分のライフワークとも
いえる、HULAは私にとって大切な存在です。

HULAに教えられ、導かれてきた10年間といってもいいほど、
たくさんの宝物を私はハワイから受け取ってきました。

「なぜ君はHULAを踊っているのか考えたことある?
そこに自分がどういうふうに生きたいか、答えがあるんじゃないの?」

自分の道がわからなくて、迷っていた時、とある人に言われた言葉を
いつも思いだします。

そうだ!ただただ、私はALOHAな心を持ち続けて生きたいのだと。

HULAは私の生きる指針なのです。
まるで虹が幸せへの道しるべといわれるのと同じように…。

私を癒し、笑顔をくれ、しゃんと背筋を伸ばしてくれるHULA。
その魅力を読んでくださるみなさんとシェアしていけたらと思っています。

MAHALO.
b0192093_16585832.jpg

[PR]
# by pikoaloha | 2017-12-31 23:59 | ALOHA!

応援ありがとうございました!

b0192093_15593094.jpg
3月5日、東京有明で行われたホオラウレア・ジャパンに、クムの生徒として出場してきました。カテゴリはロコマイカイ。いつも一緒に練習している大阪校の先輩方やコクアの皆さんと8人のエントリーです。
結果は3位入賞。東京校のクプナさんは1位、コンバインチームも1位という素晴らしい成績と、そして感動のパフォーマンスを見せていただき、胸がいっぱいになりました。みんなで喜びを分かち合えてみんなで泣きました。

うちのハーラウでは2年前にクプナさん6人がコンペに挑戦したことがあります。でも、私は生徒を先に出しておいて自分は後出しという形に。いずれにしても、2年前、自分に足らなかったことを補うためにクムの道場の戸を叩いたわけですから、願ったりかなったりです。

ですが。
ですが。

出場が決まってからの半年は、なんとしんどかったことでしょう。何がそんなにしんどいのかと聞かれたら、みっちりお話しいたしますので(笑)。
途中何度も心折れそうになりました。
でもでも、終わってみれば楽しかったことしか思い出せないから、私の脳はオメデタイです。
出産の時と似てるかも。
今でも先輩方とゆりかもめに乗ろうとしたら、誰かがドアに挟まれたことや、楽屋で差し入れの美味しそうなどら焼きが置いてあったのを、リレーみたいにみんなでいただいて帰ったこととか、爆笑しすぎてお腹が痛かったことばかり思い出されます。

たった7分間の本番のためだけに、フラ中心で生活するコンペ。
考えてみたらなんて幸せなことでしよう。家族や生徒のみんなにはたくさん迷惑かけたのに、心から応援をしてもらいました。娘からもらった励ましの手紙、生徒のみんなからもらったメッセージブックには涙が止まりませんでした。
他にも藤沢の葛城先生、リリーフラハラウの大好きな皆さんの会場での応援、群馬のハウプエフエフの生徒さんたち、遠いところ駆けつけてくださってありがとうございました!

そして、ポーのきみかさん。毎週遠路遥々レッスンに来てくださって大変だつたと思います。
もちろん、メリモ前なのに毎月来日して、時には5時間ぶっ続けでレッスンしてくださったクム。
クムのフラはやはり素敵です。そして一輪ずつ髪に挿してくださるお花、レイ、衣装。全てが素晴らしく意味がある。
クムの生徒になって良かった、と思えたひと時でした。
あなたたちのことを誇りに思うよ、と言って目を潤ませてくださったクム。クムにそう言っていただけて本当に嬉しかった!

今回、素晴らしい鳥肌立つ演奏をしてくださったアンクル・サムとダニエル。本当に素敵だった。お二人の演奏で踊れて幸せでした。

これまで私はたくさんの人のお陰でフラを続け、教室を運営してこれました。そんなたくさんの方々の顔を思い浮かべ、その人たちの思いを全てステージに連れて行けたら、と思って踊りました。でも、まだ完全に思い通りのことができなかった気がします。
まだまだ、学びの道は続きますね。
でも、学ぶ姿を生徒たちにいつまでも見せられる先生でいたいです。
そこだけは絶対ぶれたくないな。

それから。

コンペのあと、私がおねだりした舟盛りでお祝いしてくれて、みんなありがと〜〜!
今までで1番美味しいお刺身でした!
ホントにありがとう!!!
b0192093_16303734.jpg
b0192093_16310046.jpg
b0192093_16312176.jpg









[PR]
# by pikoaloha | 2017-03-25 15:59 | ALOHA!

隠れたいけど隠れられない

アロハ〜🌺
昨日も心斎橋で日本校のレッスンをみっちり受けてきました。毎回、そーなのか!そうだつたのか!なるほど!と目からウロコをポロポロ落としながら。
そして、自分が無意識にやつてることがこんなにもあるのか!という事実にショックを受けながら。
いやー、群舞って難しいわあー。キレイにピタ!と揃えてなおかつ感情も共有しながら踊るって、どこまでいってもキリがないように思える。

だがしかし!ミッションコンプリートに向けてコツコツやるのだ!

だがしかし!現段階で私の立ち位置はどーして右端の前列という、孤独な、隠れられない、隣を盗み見られない位置なのか(涙)。

それは、
チビだから。

それは、
クムがお決めになったから。

だから、隠れたくても、隠れられない。

よく、話に聞くのはポジション争い、の都市伝説。

前列のセンターをめぐり、AKBみたく熾烈な争いが繰り広げられるとか、女の世界は怖いわねー、つて話ですが、そんなの、本当にあるんでしようか?私は自分が生徒だった頃も、今のクムの元でも、バランスよく並べられるのが当然だし、できる限り隠れたいですよ(笑)。

うちの生徒もダチョウ倶楽部みたいに、前列?センター?どーぞどーぞ、ってやってます。
もちろん、最後は私がバランスで決めますし。

1人が目立って上手くても、群舞なので、それは成立しないです。揃えてキレイに感情も一つにして、チームとして息を揃えてこそ、素敵なフラだと思うし、そう教えられてきました。それができてこそ、みんなで喜びを分かち合えるし、達成感がみんなで味わえるので。

もちろんソロはソロの踊り方があると思うし、そのためのトレーニングもいたします。

とにかく、私みたいにうえーん、もう隠れたい、とか泣き言言ってても教官の前で先輩に暴露され(笑)、しかも、どの位置にいたって隠れられないんだから、腹をくくって、

どーだ!

という気構えで頑張るしかございません。
気持ちを強く持って踊って行くざます!

うちの生徒も来月、おさらい会を身内でやりますが、
どーぞどーそ、どこに立とうが、見られてます。
胸を張って、心一つに素敵なフラを踊ってくださいね。
1人で踊るんじゃなく、

みんなで

おどろうね!

[PR]
# by pikoaloha | 2016-11-21 16:36 | Lesson

クリエイティブ

その昔、私は音楽、YMOから始まり、特に日本のミュージシャンの作り出す音楽が大好きでした。バンドブームの頃はひっきりなしにお金を貯めては日本中ライブに出かけ、ドクターマーチンを履き、ピョンピョン跳んでました(笑)。出待ち入り待ちもしました(・・;)
とにかく、ライブが大好き、そして、ワクワクさせてくれるミュージシャンが大好きでした。たくさんの音楽にパワーをもらって、いつしか自分もそんなミュージシャンのエネルギーを言葉で表現できる仕事に就きたいと思うようになり、本当に憧れの音楽雑誌でたくさん記事を書かせてもらえるようになりました。
ミュージシャンたちのインタビュー、数え切れないほどのやらせてもらいました。それはもう刺激的で、彼らの作り出す音楽、それに込められた思いを読者に届けたい一心でした。
私は音楽を作れません。でも、その音楽がいかに素晴らしいかを説明することはできたし、ミュージシャンの人となりを聞くことでますますその音楽を愛することができると思ってました。
同じように、私は文章は書けるのに、小説は書けませんでした。ゼロから作り出すことってすごいと思うとんです。音楽も小説も、どうやったら作り出せるのか全然わからない。でも、その素晴らしさを表現することは大好きだし、できたんですよね。
今、フラにどっぷりと関わらせてもらつてますが、やっぱりフラをゼロから作り出すクムを見てると、本当にすごいなー、と思います。何もないところから、曲と詞から、わずか30分ほどで振り付けてしまう。
私からすればまるで魔法です。メチャ美しくて、そして、クムが感じたことが最適な表現方法で描かれていきます。なんでそんなことできるんだろう?と思います。
衣装選びにしても、なんでそんな感性、センスなの?って自分の中にはないセレクトに思わず唸ることしばしば。
やっぱり、私は素晴らしいアーティストの生み出した作品を、ほーら、こんなに素敵なんだよー、って表現する側なんだよなあ、と思います。
クムが作り出した素晴らしいハワイの景色やアロハな思いを、とびきり素敵にパフォーマンスできるようになりたいな。
クリエイティブな才能は私にはないけれど、生徒の皆さんと同じで、良いフラダンサーになりたいなー、と常に思ってます。
指の1本、顔の表情1つでさえ、誰かの心を動かせるようなダンサーに、なりたいねー。
道はまたまだ遠いっす。


[PR]
# by pikoaloha | 2016-11-15 18:09 | HULAとの出会い

イオラニ宮殿

ALOHA!

カヒコをレッスンでやってる人、これからやる人、そのほかフラをやってる人、
ぜひこちらをご覧ください。
イオラニ宮殿のサイトです。
バーチャル体験もできますよ。



私は娘が5年生の時、初めてハワイに連れていったのですが、
「ハワイにいったらやりたいこと、行きたいところ」を
聞いてみたら「リリウエの住んでたお城に行く」と「かき氷を食べる」でした。
カヒコの Lili'U E をちょうど教えていて、当時のケイキちゃんたちは
ハワイにお姫様がいたこと、お城があったこと、そして最後はお城に閉じ込められてしまったこと、
だけどハワイの人たちにとても愛された素敵な女性だったことに目を輝かせて食いつきました。

宮殿に行くとちょうどロイヤルハワイアンバンドが木陰で演奏をしていました。
娘はリリウオカラニ王女の銅像と記念写真を撮り、日本語でガイドしてくれる受話器みたいな
機械に熱心に耳を傾けながらお城の中を歩き回りました。

幼いながらにいろんなことを感じたのでしょうね。
やわらかい頭と心と好奇心には本当にいい経験だったと思います。

私もここに来ないとわからない空気を感じられました。
リリウオカラニが幽閉された後、閉ざされた部屋の中でひと針ひと針、いろんな思いを抱えながら
ししゆうをほどこしたキルト。その美しさと刺繍の文字に胸がいっぱいになりました。
美しいハギレの上には、びっしりとハワイ王朝の華やかな歴史や、これまでの日常的な
些細な幸せだった事柄を振り返った言葉が縫い込まれているんです。

今は普通にアメリカ合衆国の州のひとつとなっているハワイですが、
本当はアメリカをはじめ、欧米に大切な文化や誇りごと侵略されてしまった王国です。
どんな気持ちで女王がこのキルトを作っていたのだろうと思います。

皆さんもぜひハワイに行かれるチャンスがあれば、イオラニ宮殿を訪ねてください。
そして、私たちは、やっぱりハワイの文化を大切にする気持ちでフラを
踊らせてもらわなければならない、って思うんです。
b0192093_10372186.jpg

[PR]
# by pikoaloha | 2016-10-27 10:38 | ALOHA!