感謝、自慢、そして涙。

ホーイケからもう2週間以上もたってしまったんですね。

もう2ヶ月で今年も終わっちゃうんですね。

なんかもう、40歳過ぎてからというもの、毎日が過ぎるスピードが
どんどん加速していってます。地球の自転、早くなってるんじゃないでしょうか。

ホーイケの次の日はなんとレッスンが朝9時半から夜8時半までありました。
うちの教室は、イベントのあとは「振り返りの時間」と称してあれこれ
出演した感想や、反省、課題、悲喜こもごもをメンバーとともに共有します。

ホーイケ後の初レッスンはどのクラスもあの幸せな時間を思い出すだけで
みんなその余韻に浸れるかんじで、感無量で涙ぐむ人、不安を抱えてプレッシャーで
いっぱいで舞台に臨んだことを告白する人、エキサイトする人、爆笑今だから
言える話をする人041.gifとにかくどのクラスも大騒ぎでした。

うれしかったのはみんなが「楽しかった。幸せだった。またホーイケやりたい!」
と言ってくれたこと。みんな、初めてでホーイケがどんなもんかわからず
舞台に臨んだはずです。なんでここまで練習せにゃあかんの?しつこく
リハーサルせにゃあかんの?と思いながら、当日を迎えたはずです。

でも、実際やってみたら、みんなで1つの目標に向かって何かを作り上げるって
こんなに達成感があることなんだって気づいたみたいです。
私もそれはそれはしんどい1年だったけど、やってよかったと思っています。

いらしてくださった方がくちぐちに「よかった!すばらしかった!」と
ほめてくださり、フラに触れたことのない方々が「フラってこんなに
素敵なんだ」といってくださり、最後には涙してくださる。身内でもない、
お会いしたことのない方々が私たちと一緒に泣いてくださる。

こんなにすごい幸せがあるでしょうか???

もともとは、恩師葛城先生や、姉さん弟子、そして日ごろ支えてくださるご家族、
友人、スタジオのオーナー様などなど、多くの方に恩返しするつもりで、
そして愛してやまないハワイを、フラをシェアしてくれたハワイに対する恩返しを
したいと思って開いたホーイケです。

そして、私が半ば執念とも思える(笑)
自分が愛するフラを地元の皆様に深く知っていただきたい、フラってこんなにすばらしく
奥の深いものだということ。踊る人も見る人も、両方を笑顔にし、幸せにしてしまう
魔法のような文化だということをみせたかったから開いたのです。

もっと言えば、
「フラって最高やろ?このハワイの太鼓の音、めっちゃかっこええやろ?
フラっていろんな曲があって、どの曲も素敵やろ?フラの衣装も
おしゃれやろ?コオルアさんっていうバンド、すばらしいやろ?
生演奏でフラって最高やろ?うちの師匠、
めっちゃかっこええやろ?姉弟子もイケてるやろ?でもな、でもな
うちの教室の子らって最高やろ?ええやろ?」


と、持ってる引き出しぜーんぶあけて見せて自慢する、という
時間だったような気がします(笑)。

それぐらい、やりたい放題させていただきました。
今はもう、引き出しの中は空っぽで、私もカピカピです008.gif
これからまた、次の目標に向かって中身をぎっしりつめていくつもりです。

みんなでないて笑って、感動して、また泣いて。

こうさせてもらってるのは、私たちのホーイケのために動いてくださった
たくさんのかたがたのおかげです。どれだけみなさんの熱意、情熱が
ありがたかったかわかりません。それがなければ、私たちは今、
この気持ちを味わうことはできなかったのです。

恩返ししたつもりが、またまた次の恩返しをせねばならなくなりました。・

あの時、あの子たちの手伝いをしてよかったな、と今回関わってくださった
方々に思っていただけるよう、6年前から今も変わらず支えてくださっている
すべての方々の思いを汲んで、いっそう良いフラを踊れる教室として
やっていきたいとあらためて思いました。

できるかどうかわかりませんが、次はまた2年後にホーイケを開けたらと
思っています。今回チケットがなくて見ていただけなかった方、
「次はいつやるの?早くやってね。見に行くからね」と言ってくださった
方々のためにも少しずつがんばろうと思っています。

それから。
教室をやめた今も、自分のことのようにずっとステージを見に来てくれる
元生徒のみなさん、私は本当にうれしいです。
どうもありがとう!いつまでもフラを通じてこうして関わってくれる
人々のためにも。

一歩一歩、歩んでいきたいと思います。
[PR]
by pikoaloha | 2013-10-21 15:50 | ALOHA!

Hula への思い、日々のレッスンについて綴ります♪


by pikoaloha